沖縄では昔から用いられてきたような食品を使ってダイエットをするという方法が、最近ではよく目にします。亜熱帯にある沖縄でなければ手に入らないような食品を賢く使って、栄養補給をしていたものが沖縄料理の特徴です。沖縄食品として知名度が高い代表格が、ビタミンCを豊富に含んでいるというゴーヤです。加熱してもビタミンCが壊れないことが、ゴーヤが有している特徴の一つといえます。血液中の中性脂肪の値を下げることができるビタミンCが、ゴーヤには入っているといいます。紅イモも沖縄の有名な食品です。紅イモには食物繊維がたくさん含まれており便秘解消に効果があります。ビタミンやミネラルも紫イモにはたっぷり含まれていますので、お通じがよくない人や、栄養のバランスに不安がある人はどんどん使っていくといいでしょう。利尿作用もあるカリウムも多いため代謝が活発になり、ダイエットに効果的です。沖縄の郷土料理には、豚肉が多く出てきます。ビタミンB1とたんぱく質が多いビタミンB1を摂取することで、ダイエットに役立ちます。沖縄の食材には、しまらっきょうもあります。食物繊維が多く、腸内環境を整えてくれる作用がある、優れた食材の一つといえます。島らっきょうは、辛みとビタミンB1が結びついているため、双方の吸収がよくなります。ダイエットで体力が消耗しているときに摂取することで疲労回復の効果があります。沖縄食品を賢く利用して、ダイエット効果の高い食事メニューにしましょう。